拝啓 有馬公生様:

  先まで一緒にいた人に 手紙を書くのは 変な感じです。

  君はひどい奴です、クズ、のろま、あんぽんたん。

  君を初めで見たのは、5つの時。当時通っ出たピアノ教室の発表会でした、ぎこちなく登場したその子は 椅子にお尻ょをぶつけて 笑いを誘え。大きすぎるピアノに向かい、一音を奏でたどたん、私の憧れになりました、音は24色バレットのようにカラフルで メロデイは踊りです。隣の子が泣き出したのはびっくりしました。されなのに、君はピアノを辞めるんだもの。人の人生は左右どいて、ひどい奴です!

  サイデー、のろま、アンボンタン!

  同じ中学だと知った時は、舞い上がりました。どうやれば声かけられるのかな?購買部にサンドイッチ買いに通おうかな? でも結局、眺めるたけでした。だって、みんな仲間すぎるんだもの。私の入りスペースはないんだもの。子供の頃に手術をして、定期的に通院して、中一の時に倒れたのをきっかけに、入退院の繰り返し、病院で過ごす時間が長くなりました、ほとんど学校に行けなかったな。あまり自分の身体が良くないらは 分かってました。

  ある夜病院の待合室でお父さんどお母さんが泣いで見た、私は長くないのだとしりました。その時です、私は走りたのです!後悔は天国に持ち込まないため、好き勝手やったりしました:怖かったコンタクトレンズ、体重を気にしてできなかったケーキホール食い;偉そうに指図する譜面も私らしく弾いてあげた。

  そして、ーつだけ嘘をつきました:宫園かをりが、渡亮太君を好き、と言う嘘つきました。そん嘘は、私の前に君を連れて来てくれました!彼に謝っておいて、友達としては面白いけど、やっばり私は一途な人がいいな。あと、椿ちゃんにも謝っていてください、私は通り過ぎていなくなる人間、変な禍根を残したくなかったので。椿ちゃんにはお願いできませんでした、というか、有馬君を紹介してなんてストレートんに頼んでも、椿ちゃんはいい返事をくれなかったと思うな。だって椿は、君のこと大好きだったから。

  私の姑息な嘘が連れてきた君は、想像と違ってました、思ってたより暗くて卑屈って、意固地でしつこくて盗撮魔、思ってたより声が低くて、思ってたより男らしい、思ってた通り優しい人でした。

  土稜桥から飛び込んだ川は冷をくて気持ちよかったね ;音楽室をのぞくまんまるの月は;お饅頭みたいで美味しそうだった;競争した電車には本気で勝てると思った;輝く星の下で、二人で歌ったキラキラ星、楽しかったね;夜の学校って絶対何かあるよね;雪って、桜の花びらに似てるよね。演奏家なのに舞台の外のにとで心がいっぱいなのは、なんかおかしいね。忘れない風景がこんな些細なことなんて、おかしいね。

  ”君はどうですか?”

  ”私は誰かの心に住めたかな?”

  ”私は君の心は住めたかな?”

  ”ちょっとでも、私のこと思い出してくれるかな?”

  ”ビセットなんかいやだよ。”

  ”すれもんか?”

  やっぱり、君で良かった!

  届くかな、届くといいなーー君が好きです、好きです、好きです。

  カメレ全部食べれなくてごめんね。

  たくさんたたいてごめんね。

  わがままばかりでごめんね。

  いっぱいいっぱいやごめんね。

  ありがとう!

敬启 有马公生

明明刚才还在一起的呢,现在却给你写信,感觉怪怪的。

你是一个很过分的人!废物 榆木脑袋 呆瓜!我第一次见到你,还是在我5岁时。当时举办的钢琴赛上,一个笨拙的孩子登场了:他一屁股撞倒了椅子,惹得台下观众忍俊不禁。但是,当他面对着比自己还要大的钢琴,弹奏出第一个音的时候,他便成为了我憧憬的人。他的一色犹如24色调音版一般色彩斑斓,旋律仿佛在起舞。旁边的孩子哭的时候把我吓了一大跳。

即便如此,你却放弃了钢琴。明明已经影响了别人的人生,你这个可恶的家伙:差劲鬼 榆木脑袋 呆瓜!

知道和你就读同一所初中时,我简直兴奋的欢呼雀跃了。但是要怎么才能和你搭上话呢?我犹豫着要不要去小卖部买个三明治呢?但是到头来,我所能做的不过只是远远地看着你,因为你们看起来真的很要好啊。我几乎没有介入的空间了。

我小时候做过手术,要定期去医院复查。以初一时病倒为契机,不停地进出医院。在医院度过的时间慢慢变长了,学校几乎都不怎么去了。我知道自己身体不太好,有天晚上我在医院的候诊室里,看到爸爸妈妈在哭,我便知道我的时间……不多了。

也正是从那时起,我开始了奔跑。为了不让遗憾与懊悔在之后也会伴随着我,我开始过起了随性的生活。戴上了曾经一度害怕的隐形眼镜,不顾体重飙升地疯狂吃蛋糕,随便指定曲谱,并用自己的方式来演奏。

另外…我说了一个谎,就是——“宫园薰喜欢渡亮太”,而这个谎言将你带到了我面前。请替我向渡君道歉,嘛不过,阿渡的话应该很快就会忘记我的吧。虽然作为朋友而言他很有趣,但是果然我还是喜欢比较专一的人。另外也替我向小椿道个歉吧,我不过只是你们生命中稍作停留的一个过客而已,因为不想留下奇怪的祸根。所以当初就没拜托小椿,应该说 就算我直言请她将你介绍给我认识,我猜她应该也是不会同意的。因为小椿她最喜欢你了,大家早就知道了,不知道这件事的人就只有你、还有小椿两个人。被我那荒谬的谎言带过来的你,和我想象中有些不同:比我想象的更内向胆小,固执、烦人、还是个**狂,声音比我想象中要低沉,比我想象中更有男子气概,和我所想的一样是一个很温柔的人。

从桥上跳进河水里真是冷透了呢,很过瘾对吧?偷看音乐室的那轮圆月看起来就像馒头一样美味;和电车赛跑是觉得自己真的能够赢;璀璨星空下我们合唱的小星星很有趣吧?夜里的学校一定藏着什么吧?雪花就像是四散的樱花花瓣一样呢。明明是演奏家,内心却满是舞台外面的东西,真是奇怪。

让我难以忘怀的光景竟是这种琐碎的小事。

“你是怎么想的呢?”

“我是否已经住进某个人的心房了呢?”

“我是否已经住进了你的心房了呢?”

“哪怕只是须臾片刻也好...你是否会想起我呢?”

“我可不允许你的记忆清零哦”

“别忘了我啊”

“约好了哦”

果然,选你真是太好了!传达到了吗,传达到了就好了呢!公生君,我喜欢你!喜欢你!喜欢你!

巧克力没能全部吃掉对不起,打了你很多次对不起,总是刷大小姐脾气对不起,很多很多事情都对不起。

谢谢你!

Last modification:May 12th, 2020 at 06:20 pm
如果觉得我的文章对你有用,请随意赞赏